バンクイックの返済、無理なく返すコツ

バンクイックは即お金が必要な主婦でも借りやすいローン

バンクイックの返済、無理なく返すコツ

バンクイックのカードローンでお金を借りた場合、やはり毎月計画を立ててきちんと返済をしていくわけですが、具体的に毎月の返済額というのはいくらぐらいになるのでしょうか。そしてその時の支払い利息は一体どれぐらいになるのでしょうか。

例えばバンクイックで限度額が50万円以下の方が10万円を借りたとします。

10万円以下の借入の場合、バンクイックでは毎月の最小返済額は2000円となります。しかし余裕があれば毎月の支払い額を2000円以上に設定することもできますし、翌月に一括で払ったり、ということも可能です。

急ぎの出費のため、バンクイックで10万円を借り入れ、翌日すぐに返済した場合は、
10万円×14.6%×1日÷365日=40円

となり、10万円を翌日返済した場合は、利息はわずか40円です。

翌月、30日後に全額を返済した場合は、この30倍で、利息は1200円となります。

もちろん返済期間が長くなればなるほど、利息を支払う期間が長くなりますので、利息の総支払い額は高くなってしまいます。

毎月2000円の返済だと10万円の元本だけを返済するにも50ヶ月必要になります。

10万円の借入を50ヶ月かけて返済するとなると、どのぐらいにあるのか、バンクイックの公式サイトにある返済シミュレーションで試算してみました。

すると毎月の返済額が2681円となりました。
これを50ヶ月ですから50回払いですね。
2681円×50=13万4050円

という計算になりました。

バンクイックで借りた10万円。

翌日に返せば、利息は40円
1ヶ月後に返せば、利息は1200円
しかし50ヶ月後になると利息は3万4050円にもなります。

このようにバンクイックのような低金利のカードローンでも返済期間が長くなればなるほど、利息の支払いが多くなってしまいますので、
バンクイックでお金を借りたらできるだけ早く返済するようにしましょう。

バンクイックでは追加の臨時返済や一括返済もすぐに行えるようになっています。

追加の臨時返済の場合は、毎月の最初返済額以上の金額をバンクイックに入金するだけ。

一括返済の場合は、日割りで利息を計算してその日時点での総支払い額を算出する必要があります。
バンクイックの会員ページにアクセスするか、バンクイックの第22テラカウントし、専用ダイヤルに電話して、残金の総額がいくらになるのか確認しましょう。


ホーム